開幕投手・上沢、真のエースへと踏み出した「ある試合」

指揮官・栗山英樹が財産と指摘した、上沢直之のターニングポイント
2019.2.14(木) 栗山 英樹
経営人物
記事へ戻る
侍ジャパンにも選手された右腕・上沢直之(写真:UPI/アフロ)
発売間もなく重版が決まるなど、反響を呼んでいる栗山英樹の著書『稚心を去る』。橋本左内の言葉から取ったという本書のタイトルが示すように、現役最長8年目を迎える栗山英樹のマネジメント哲学、ファイターズの組織論そしてチームの秘話がが記されている。

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
松尾スズキのR18映画で中山美穂が見せた新境地
『108~海馬五郎の復讐と冒険』(2019年、日本映画)
髙山 亜紀
人生の深い充実感はスマホだけでは手に入らない
『デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する』
HONZ
近視と老眼に救世主? 脳に働きかける視力回復法
脳をよくすることで、視力をよくする「ガボール・アイ」
平松 類
天皇の「継承」制度、世界の中でいかに特殊なのか
ダライ・ラマ、ローマ教皇との共通点と相違点
佐藤 けんいち