開幕投手・上沢、真のエースへと踏み出した「ある試合」

指揮官・栗山英樹が財産と指摘した、上沢直之のターニングポイント
2019.2.14(木) 栗山 英樹
経営人物
この写真の記事へ戻る
侍ジャパンにも選手された右腕・上沢直之(写真:UPI/アフロ)
発売間もなく重版が決まるなど、反響を呼んでいる栗山英樹の著書『稚心を去る』。橋本左内の言葉から取ったという本書のタイトルが示すように、現役最長8年目を迎える栗山英樹のマネジメント哲学、ファイターズの組織論そしてチームの秘話がが記されている。

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
突然のクビ宣告、そのときあなたはどう行動すべきか
頼るべきは労基署? 労働委員会? 労組? それとも・・・
尾藤 克之
新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
全米で死者が10万人を超えても「F35」を生産し続ける理由
堀田 佳男
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
「愛の不時着」の歴史修正主義 (後編)
岩田 太郎
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
チョムスキー博士:社会病質者で誇大妄想狂には収束できない
高濱 賛