開幕投手・上沢、真のエースへと踏み出した「ある試合」

指揮官・栗山英樹が財産と指摘した、上沢直之のターニングポイント
2019.2.14(木) 栗山 英樹
経営人物
この写真の記事へ戻る
侍ジャパンにも選手された右腕・上沢直之(写真:UPI/アフロ)
発売間もなく重版が決まるなど、反響を呼んでいる栗山英樹の著書『稚心を去る』。橋本左内の言葉から取ったという本書のタイトルが示すように、現役最長8年目を迎える栗山英樹のマネジメント哲学、ファイターズの組織論そしてチームの秘話がが記されている。

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
ジョー・バイデン、復古か急進か?
米大統領選、本能能的な慎重さが真の改革を可能にするワケ
The Economist
「ゼロから作る知識集約都市」10年目の“想定外”
中国広州市で開発中「知識城」のユニークな試みとは
加藤 勇樹
ついに到来した「コロナ複合災害」洪水・土砂崩れ
パンデミックと風水害は「気候変動」鬼子の兄弟
伊東 乾
庇を貸して母屋を取られる
第6回:資金繰りを安定させ業務拡大につなげる秘策
惣才 翼