開幕投手・上沢、真のエースへと踏み出した「ある試合」

指揮官・栗山英樹が財産と指摘した、上沢直之のターニングポイント
2019.2.14(木) 栗山 英樹
経営人物
記事へ戻る
侍ジャパンにも選手された右腕・上沢直之(写真:UPI/アフロ)
発売間もなく重版が決まるなど、反響を呼んでいる栗山英樹の著書『稚心を去る』。橋本左内の言葉から取ったという本書のタイトルが示すように、現役最長8年目を迎える栗山英樹のマネジメント哲学、ファイターズの組織論そしてチームの秘話がが記されている。

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
ウクライナかすむトランプの下半身
セクハラではすまない性的暴行事件の数々
堀田 佳男
アマゾン、世界AIスピーカー市場でダントツ
ディスプレー付き端末500%増と急成長
小久保 重信
「桜を見る会」でワイドショー化する国会
劣化するマスコミが民主主義を殺す
池田 信夫
侍J不人気で韓国がプレミア12の「強奪」を画策
視聴率、観客数ともに低迷、ラグビーW杯とは雲泥の差
臼北 信行