昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第1回)
2019.2.13(水) 柳原 三佳
芸術文化歴史
この写真の記事へ戻る
「ペンは剣よりも強し」をデザインした開成の校章、通称「ペンケン」
文久二年(1863年)、遣欧使節団の一員として福沢諭吉らとともにヨーロッパを訪れた際の佐野鼎(『開成をつくった男、佐野鼎』カバー写真より)
東京・神田淡路町にある「開成学園発祥の地」の石碑
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著・講談社)

ライフ・教養の写真

マンマ直伝の”カラーコーディネイト術”をお教えします
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
「戦国最弱」と愛される常陸の不死鳥・小田氏治
超高性能なミルク生産者、ウシに養われてきた人類
人生100年時代を生き抜く家計術、方法は3つだけ