昔は男女共学だった開成高校、知られざる設立物語

『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第1回)
2019.2.13(水) 柳原 三佳
芸術文化歴史
記事へ戻る
「ペンは剣よりも強し」をデザインした開成の校章、通称「ペンケン」
文久二年(1863年)、遣欧使節団の一員として福沢諭吉らとともにヨーロッパを訪れた際の佐野鼎(『開成をつくった男、佐野鼎』カバー写真より)
東京・神田淡路町にある「開成学園発祥の地」の石碑
『開成をつくった男、佐野鼎』(柳原三佳著・講談社)

ライフ・教養の写真

村田諒太の次戦、「カネロ」も「GGG」も困難か
投資判断のカギを握る「一次情報」の集め方
「仕事を奪うのはAI」の“常識”を疑ってみる
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
緩和ケアは「死に支度」でなく「生きるための医療」
Midtown Loves Summer 2019

本日の新着

一覧
アップル、サービス事業強化に本気の取り組み
今度は長年変化がなかったポッドキャストに注目、テコ入れへ
小久保 重信
「仕事を奪うのはAI」の“常識”を疑ってみる
「共産主義への恐怖」のない時代に修正資本主義が復活できるか
篠原 信
イランだけでない中東の火薬庫、危険なトルコ情勢
楽観論が支配する予測を妨げる3つの不透明要因
榎本 裕洋
英国と米国、「特別にこじれた関係」
米大統領に大使を追い出された屈辱、グローバル・ブリテンに暗雲
The Economist