ドリアン狂の中国に翻弄される東南アジア

パーム油、ゴムから変更する農家続出、心配される環境破壊
この写真の記事へ戻る
マレーシアでは12月に入り、中国人観光客待望のドリアンシーズン到来。クアラルンプールで人気のリー兄弟が経営するドリアン露天には「中国人観光客だけでなく、在馬中国人も連日、押しかけているよ」とドリアン景気に期待する顔のリーさん(クアラルンプール、筆者撮影)
タイやマレーシアなどでは、路上の青空露天で食するのが通とされる。地元の人は高嶺の花のムサンキングでなく、D24や田舎名産「カンポン(マレー語で農村や田舎)・ドリアン」が人気だ(筆者撮影)
ドリアンの木は、高さ約15メートルほどで、果実はこのようにぶら下がりながら、大きく実る。5年ほどで収穫できるが、特にドリアンの最高品種「猫山王(ムサンキング)」などは、半年や一年で実るほかの熱帯果物と比較し、十分に熟成するのに10年から15年もの長い月日がかかる(筆者撮影、パハン州ラウブ)

国際の写真

新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
香港「国家安全法」の衝撃、習近平が暴挙に出た理由
呆れるほどの媚中ぶり、「台湾旗」禁じたフン・セン
独り核軍拡を進める中国、ついに米国が動く

本日の新着

一覧
海外メディアが絶賛の「日本モデル」成功の鍵は何か
「ファクターX」の解明は日本の使命
池田 信夫
新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
全米で死者が10万人を超えても「F35」を生産し続ける理由
堀田 佳男
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
チョムスキー博士:社会病質者で誇大妄想狂には収束できない
高濱 賛
自粛要請に応じないパチンコ店にどう対応すべきか?
NFIからの提言(4)行動変容を促す仕組みを行政学でひもとく
森田 朗