ドリアン狂の中国に翻弄される東南アジア

パーム油、ゴムから変更する農家続出、心配される環境破壊
記事へ戻る
マレーシアでは12月に入り、中国人観光客待望のドリアンシーズン到来。クアラルンプールで人気のリー兄弟が経営するドリアン露天には「中国人観光客だけでなく、在馬中国人も連日、押しかけているよ」とドリアン景気に期待する顔のリーさん(クアラルンプール、筆者撮影)
タイやマレーシアなどでは、路上の青空露天で食するのが通とされる。地元の人は高嶺の花のムサンキングでなく、D24や田舎名産「カンポン(マレー語で農村や田舎)・ドリアン」が人気だ(筆者撮影)
ドリアンの木は、高さ約15メートルほどで、果実はこのようにぶら下がりながら、大きく実る。5年ほどで収穫できるが、特にドリアンの最高品種「猫山王(ムサンキング)」などは、半年や一年で実るほかの熱帯果物と比較し、十分に熟成するのに10年から15年もの長い月日がかかる(筆者撮影、パハン州ラウブ)

国際の写真

ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
誰がトランプの米国を信用できるのか?
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
原発、自動車、米国で多額の賠償金背負う日本
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
「IS兵士大量脱走」でインドネシアが厳戒態勢に

本日の新着

一覧
スバルも飲み込み身動きが取れなくなっていくトヨタ
EV時代にすべてを丸抱えしてどうするのか
加谷 珪一
ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
ウクライナゲート疑惑巡り米議会は「公開」聴聞会へ
高濱 賛
企業とスポーツとの協働が注目される理由
欧米型の企業スポンサードが日本にもやってきた
岡田 真理
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
「お祭り」ではなくノーベル賞から建設的な基礎科学を!
伊東 乾