僕は国語の授業が嫌いで仕方なかった

異なる価値観の狭間で苦悩する人々を捉えた3冊
この写真の記事へ戻る
大多数の人にとって、詩との出会いは国語教科書のなかだ。こんな出会いで詩が好きになるわけないな、と思う。(渡邉十絲子『今を生きるための現代詩』より)
『今を生きるための現代詩』(渡邉十絲子著、講談社現代新書)
『君はレフティ』(額賀澪著、小学館)
『魔法使いの弟子たち(上)』(井上夢人著、講談社文庫)

ライフ・教養の写真

1970年代のクラフトワーク
なんで雪山では「眠るな、死ぬぞ!」と叫ぶのか
カレー沢薫の「部屋とお金と私」【第2話】
高校までは4月、大学は9月入学のメリット
東京五輪は開催か中止か、判断にタイムリミットを
感染拡大を促そうともグローバル化は止められない

本日の新着

一覧
半導体の歴史に重大事件、ファーウェイは“詰んだ”
台湾TSMCが米国陣営に、中国「一帯一路」構想に大打撃
湯之上 隆
牙をむくドラゴン、恐怖による支配が始まった
香港や台湾にとどまらない脅威、中国は一体どこまでやるのか?
The Economist
高校までは4月、大学は9月入学のメリット
大学入学前に福祉・農業や自衛隊の社会体験の義務づけ
森 清勇
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢
【通商未来予想図Ⅰ】自国ファースト蔓延で決壊寸前のWTO体制
羽生田 慶介