「不器用な若者」を締めつける”時代の空気”の正体

映画で読み解く社会学:『生きてるだけで、愛。』(2018年、日本映画)
2018.10.26(金) 髙山 亜紀
芸術文化
記事へ戻る
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

ライフ・教養の写真

あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
Buddhism meets beatboxing: Attracting young people to Komyoji Temple
「下痢」を起こす東京の下水道
幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味
昭和31年、家庭のオムライスに入っていたご飯は?
Takanawa Natsu Matsuri 2019

本日の新着

一覧
あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
IUT理論を可能な限り噛み砕いて説明する凄まじい本
長江 貴士
韓国国民の怒りの矛先、日本よりもチョ・グク疑惑へ
文在寅政権揺るがす「最側近」から浮かび上がる疑惑の数々
李 正宣
耳を疑うGSOMIA破棄、韓国は「向こう側」へ?
米国はなぜ日韓GSOMIAを必要としたのか
数多 久遠
世界的猛暑で懸念される巨額経済損失と食糧不足
2020東京五輪の「暑さ対策」も焼け石に水ではないのか
舛添 要一