『5時に夢中!』が見つけた主婦向けお色気路線という金鉱

田原総一朗が探るテレビの最前線~TOKYO MX・大川貴史氏インタビュー(その1)
2018.10.31(水) 阿部 崇
この写真の記事へ戻る
「夕方の時間帯に、主婦向けの色っぽい番組をぶつけてみたらそれがウケた?」(田原)。「ええ、だから旦那さんやお子さんがいる祝日には、なかなか見てもらえません(大川)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。近著に『AIで私の仕事はなくなりますか?』 (講談社+α新書) など。
大川貴史:東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)制作局長。立教大学卒業後、TOKYO MXに1期生として入社。営業部、CM運行部、スポーツ部での勤務を経て、制作局へ。そこで立ち上げた『5時に夢中!』を局の看板番組に育て上げ、マツコ・デラックスらのスターを数多く輩出。著書に『視聴率ゼロ! 弱小テレビ局の帯番組「5時に夢中!」の過激で自由な挑戦』がある。

本日の新着

一覧
新型コロナ「自粛解除の判断基準」の致命的な問題点
いま必要なのは、検査の拡充による正しい現状認識
藤井 雄作
“中国の貧困”をまさかの暴露、李首相の真意とは?
全人代で飛び出した「月収1000元が6億人」発言
日本戦略研究フォーラム