『5時に夢中!』が見つけた主婦向けお色気路線という金鉱

田原総一朗が探るテレビの最前線~TOKYO MX・大川貴史氏インタビュー(その1)
2018.10.31(水) 阿部 崇
記事へ戻る
「夕方の時間帯に、主婦向けの色っぽい番組をぶつけてみたらそれがウケた?」(田原)。「ええ、だから旦那さんやお子さんがいる祝日には、なかなか見てもらえません(大川)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。近著に『AIで私の仕事はなくなりますか?』 (講談社+α新書) など。
大川貴史:東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)制作局長。立教大学卒業後、TOKYO MXに1期生として入社。営業部、CM運行部、スポーツ部での勤務を経て、制作局へ。そこで立ち上げた『5時に夢中!』を局の看板番組に育て上げ、マツコ・デラックスらのスターを数多く輩出。著書に『視聴率ゼロ! 弱小テレビ局の帯番組「5時に夢中!」の過激で自由な挑戦』がある。

本日の新着

一覧
一帯一路からデジタル覇権へ舵切った中国の野望
世界中の独裁政権が渇望するデジタル監視技術で世界制覇狙う
渡部 悦和
南北戦が失敗、韓国サッカー界で「反文在寅」が沸騰
「歴史的一戦」が無観客! 世界から「常軌を逸した一戦」と酷評
臼北 信行
トランプが「根拠のない世界」に浸かる狙い
「ウクライナ疑惑」もう1つの闇が浮き彫りにするもの
新潮社フォーサイト
香港危機、天安門事件の経験者が抱く諦観
身をもって知った中国共産党の怖さ、若者の勇気は称えるが・・・
The Economist