韓国有機ELに印刷方式で挑むJOLED

起死回生の戦略に潜むリスクと寄せられる期待
2018.10.23(火) 中田 行彦
経営電機・半導体
記事へ戻る
印刷方式有機EL量産ラインが設置される能美事業所(完成イメージ・JOLED提供資料より)
【写真1】世界で初めて出荷を開始した21.6インチ印刷方式有機ELディスプレイ(筆者撮影)
【写真2】JOLED経営企画部 加藤敦部長(筆者撮影)
【図1】JOLEDの創業と技術展開(JOLED提供資料から)
図2 世界で初めて出荷した21.6インチ4K印刷方式有機ELディスプレイ(JOLED提供資料より)
【図3】中型の「量産」と大型の「技術外販」のJOLED組織体制(JOLED資料より)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
ペナン島水上の家で扇風機に当たる猫とおばあさん
世界遺産ジョージタウンをシッポを立てて案内してくれる猫たち
新美 敬子
トルシエが宙を舞った!日本代表を育てた問題児の今
日本サッカーに対する貢献度が最も大きかった代表監督
後藤 健生