韓国有機ELに印刷方式で挑むJOLED

起死回生の戦略に潜むリスクと寄せられる期待
2018.10.23(火) 中田 行彦
経営電機・半導体
この写真の記事へ戻る
印刷方式有機EL量産ラインが設置される能美事業所(完成イメージ・JOLED提供資料より)
【写真1】世界で初めて出荷を開始した21.6インチ印刷方式有機ELディスプレイ(筆者撮影)
【写真2】JOLED経営企画部 加藤敦部長(筆者撮影)
【図1】JOLEDの創業と技術展開(JOLED提供資料から)
図2 世界で初めて出荷した21.6インチ4K印刷方式有機ELディスプレイ(JOLED提供資料より)
【図3】中型の「量産」と大型の「技術外販」のJOLED組織体制(JOLED資料より)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
新型コロナ「自粛解除の判断基準」の致命的な問題点
いま必要なのは、検査の拡充による正しい現状認識
藤井 雄作
「あなたの命は大切だと知ってほしい」 オバマ氏、アメリカの有色人種の若者に語りかける
BBC
東京アラートと学校再閉鎖リスク
教育を骨抜きにしかねないコロナ「出席扱い」
伊東 乾
スマホ出荷、コロナ禍で4年ぶりのプラス成長ならず
今年は約12%減の12億台にとどまる見通し
小久保 重信