欧州機「MASCOT」も! はやぶさ2が次々に快挙達成

牙をむく小惑星リュウグウ、はやぶさ2着陸は来年目指しリハ決行
2018.10.15(月) 林 公代
研究開発宇宙・物理
記事へ戻る
小型着陸機MASCOTのイメージイラスト。27.cm×29cm×19.5cm、質量9.8kg。リチウムイオン電池で動き、モータで起き上がったりホップしたりする(提供:JAXA)
ミネルバⅡ1が9月23日にとらえた小惑星リュウグウの表面。凸凹だらけで平坦な場所が見当たらない。(提供:JAXA)
MASCOTについて説明する、JAXA岡田達明准教授。
それぞれの着陸候補地点を手にするはやぶさ2のメンバー。一番左はフランスの、左から2人目はドイツのMASCOTプロジェクトマネジャー。2人とも女性だが、優秀であることはもちろん、女性を管理職にしようという仏・独宇宙機関の方針もある。
小惑星探査機はやぶさ2からの分離直後に撮影されたMASCOT(写真左上の白い箱)撮影は10時58分14秒。(提供:JAXA、東京大、高知大、立教大など)
MASCOTのカメラによるリュウグウの画像。(提供:MASCOT/DLR,JAXA)
はやぶさ2からは、サンプルを採るため約70cmの機器サンプラーホーンが飛び出している。これが岩に当たらないかどうかがポイント。また、タッチダウン前には、目印となるターゲットマーカー(画像下の丸い球)を放出する。(提供:JAXA)
JAXA記者説明会資料より。着陸ターゲットは100m四方から直径20mに狭められた。このエリアにも、着陸安全性に支障のある50cm級以上の大きな岩があるという。(提供:JAXA)
拡大画像表示

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
韓国・アシアナ航空、売却先候補は決まったものの・・・
HDC、買収しても巨額の負債に航空不況で、難題山積
玉置 直司
外資の首切りを羨む社長が決定的に見落としている事
「クビを切る者の心構え」と「切られる者の備え」
岡村 進
弾劾追及、ついに強気大統領の目に涙
長男は法律違反覚悟で内部告発者の実名公表、ワシントン騒然
高濱 賛
「身の丈」教育を全否定したノーベル賞
2019年度経済学賞の意味するもの
伊東 乾