京大が10年ごとにノーベル賞受賞者を輩出する理由

日本の知的生産力は今がピークかもしれない
2018.10.9(火) 湯之上 隆
研究開発学術
記事へ戻る
京都大学・吉田キャンパスの百周年時計台記念館(出所:京都大学)
図1 日本人ノーベル賞受賞者の出身大学(学部)
図2 国の物的生産力と知的生産力
(出所:後藤尚久『アイデアはいかに生まれるか』講談社)
図3 1人あたりの名目GDPの推移と日本人ノーベル賞受賞者
拡大画像表示

ビジネスの写真

NECが実践するモバイルアプリの活用とその成果
アメリカの会社で冷たくされて無視される人
「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る
AIで企業組織にアジリティ変革を起こす
究極のホワイト経営、1日100食限定で従業員を守る
先端技術が現場を変える!生産性革命に挑む建設業界

本日の新着

一覧
アップルが60億ドル超の費用を投じる新市場は有力か
今秋のサービス開始に向け、著名人のオリジナル作品に巨額を投入
小久保 重信
アルゼンチン危機、再びデフォルトの恐れも
続かなかった幸運、大統領予備選での野党候補の勝利で相場急落
The Economist
韓国の日本叩きは一方的、米国メディアも呆れる
日本では見られない国民レベルの韓国製品ボイコット
古森 義久
高度だった日本軍の情報収集能力、なぜ負けたのか?
戦前から続く日本の「インテリジェンスの扱い方」の問題点
小谷 賢