『朝生』で問題解決しようとは思ってませんよね?

田原総一朗が探るテレビの最前線~日本テレビ・土屋敏男氏インタビュー(その3)
2018.9.7(金) 阿部 崇
記事へ戻る
「『朝生』って朝鮮問題を扱っていても、その問題を解決しようって気はないですよね?」(土屋)。 「ない。 他のテレビ局がやらないことをやる。これだけ」(田原)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)に司会として出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。近著に『AIで私の仕事はなくなりますか?』 (講談社+α新書) など。
土屋敏男:日本テレビ放送網 日テレラボ シニアクリエイター、一般社団法人1964 TOKYO VR代表理事。『進め!電波少年』や『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』など多くの人気番組を手掛ける。昨年、萩本欽一を主演に初監督映画『We Love Television?』を公開した。