足尾と水俣が数十年にわたる大公害事件となった理由

環境に対する企業姿勢の「答え」は、日本の公害史にある
2018.9.26(水) 有井 太郎
経営環境健康
記事へ戻る
現在の足尾・通洞地域と渡良瀬川。
國學院大學法学部教授の廣瀬美佳(ひろせ・みか)氏。早稲田大学法学部卒業。國學院大學法科大学院教授を経て、同大學法学部教授。近年は過払金問題や医療における代諾の問題を中心に研究を進めている。主な業績には、「医療における代諾の観点からみた成年後見制度」(田山輝明編著『成年後見人の医療代諾権と法定代理権』三省堂)の執筆のほか、渡良瀬川沿岸鉱毒農作物被害事件の公害等調整委員会昭和49年5月11日調停や熊本水俣病に係る障害補償費不支給決定取消等請求事件の最高裁平成29年9月8日判決の評釈などを担当。
健在な頃の信玄公旗掛松。1906(明治39)年撮影。(長坂町誌上巻より)
足尾銅山 本山精錬所跡の煙突。周辺には、今も山肌が露出している部分がある。

ビジネスの写真

Society5.0で実現するスマート社会とは?
革命期を迎えたレストラン業界
15歳少女が探求した「プラスチック問題」の突破口
BtoBマーケターは「共感」で組織を変える
NECが実践するモバイルアプリの活用とその成果
アメリカの会社で冷たくされて無視される人

本日の新着

一覧
幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第16回)
柳原 三佳
「下痢」を起こす東京の下水道
お台場「大腸菌」ダダ漏れのリスク管理
伊東 乾
アマゾン、印に世界最大のオフィスキャンパス開設
外資規制でeコマースに制約もサービスや輸出販売で稼ぐ
小久保 重信
「お笑い化」するNHK受信料
N国のドタバタに笑っている場合ではない
池田 信夫