おもろいポスターの仕掛け人が発見した地方の豊かさ

クリエーターよ、東京でくすぶっているなら地方を目指そう
記事へ戻る
電通関西支社のコピーライター、日下慶太氏。「新世界市場」商店街(大阪市浪速区)のカフェ&多目的空間「ピカスペース」にて
新世界市場に掲示されている中山菓舗のポスター群
「このポスター 金ないから タダでつくらせとるんや」新世界市場
「おっ茶ん。」大北軒
「買わんでええから会いに来て」生田綿店
日下さんの著書『迷子のコピーライター』(イースト・プレス発行)。約300点の作品を掲載

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由

本日の新着

一覧
韓国の告げ口外交が米国に突き放される必然的理由
調停と日本への圧力を求めるも、米国は「両国で解決を」
古森 義久
ジョンソンと「ケーキ主義」とブリッツ精神
EU離脱に向かう英国、第2次大戦中のような国民の結束は遠い夢
Financial Times
日米安保破棄:中国、ロシアとの同盟はあり得るか
すべての条件を徹底検証、日本にとって最も良い選択肢とは
横山 恭三
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
ハーバード大教授が解き明かす「ナショナリズムと自由民主主義」
高濱 賛