おもろいポスターの仕掛け人が発見した地方の豊かさ

クリエーターよ、東京でくすぶっているなら地方を目指そう
記事へ戻る
電通関西支社のコピーライター、日下慶太氏。「新世界市場」商店街(大阪市浪速区)のカフェ&多目的空間「ピカスペース」にて
新世界市場に掲示されている中山菓舗のポスター群
「このポスター 金ないから タダでつくらせとるんや」新世界市場
「おっ茶ん。」大北軒
「買わんでええから会いに来て」生田綿店
日下さんの著書『迷子のコピーライター』(イースト・プレス発行)。約300点の作品を掲載

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由

本日の新着

一覧
史上最長の景気拡大を謳歌する米国
不安と期待が交錯、好況を終わらせるものは何か?
The Economist
イラン攻撃へ準備整えた米国、一触即発の危機
中東情勢はますます泥沼化、世界経済にも大打撃必至
堀田 佳男
過去最大の人口減、経済戦略は本質的な発想転換を
ロスジェネ「第3次ベビーブーム」不在時点で決まった日本の運命
伊東 乾
ヘレン・ケラーが涙した全盲の学者、塙保己一の偉業
完成から200年、生涯を懸けた「群書類従」プロジェクト
佐藤 けんいち