おもろいポスターの仕掛け人が発見した地方の豊かさ

クリエーターよ、東京でくすぶっているなら地方を目指そう
記事へ戻る
電通関西支社のコピーライター、日下慶太氏。「新世界市場」商店街(大阪市浪速区)のカフェ&多目的空間「ピカスペース」にて
新世界市場に掲示されている中山菓舗のポスター群
「このポスター 金ないから タダでつくらせとるんや」新世界市場
「おっ茶ん。」大北軒
「買わんでええから会いに来て」生田綿店
日下さんの著書『迷子のコピーライター』(イースト・プレス発行)。約300点の作品を掲載

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由

本日の新着

一覧
英国と米国、「特別にこじれた関係」
米大統領に大使を追い出された屈辱、グローバル・ブリテンに暗雲
The Economist
「親中」に逆風が吹き始めた台湾総統選
民進党・蔡英文と国民党・韓国瑜の対決は“米中代理戦争”に
福島 香織
「仕事を奪うのはAI」の“常識”を疑ってみる
「共産主義への恐怖」のない時代に修正資本主義が復活できるか
篠原 信
タンカー護衛の有志連合、日本は加わるべきか?
アメリカ追従は悪手、日本は独自に軍艦を派遣せよ
北村 淳