おもろいポスターの仕掛け人が発見した地方の豊かさ

クリエーターよ、東京でくすぶっているなら地方を目指そう
この写真の記事へ戻る
電通関西支社のコピーライター、日下慶太氏。「新世界市場」商店街(大阪市浪速区)のカフェ&多目的空間「ピカスペース」にて
新世界市場に掲示されている中山菓舗のポスター群
「このポスター 金ないから タダでつくらせとるんや」新世界市場
「おっ茶ん。」大北軒
「買わんでええから会いに来て」生田綿店
日下さんの著書『迷子のコピーライター』(イースト・プレス発行)。約300点の作品を掲載

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方

本日の新着

一覧
大量処刑も「法令遵守」の黒い闇
検察版「桜を見る会」停年延長問題の後ろ側
伊東 乾
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏
釣りもビジネスも情報戦:木更津のクロダイ釣り
フェイクニュースを見極めないと人生は豊かに過ごせない
梶 尚人
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之