働き方改革の第一歩
そのメスは「会議」にこそ入れるべき

ファシリテーションの第一人者が示す「生産性の高い会議」の進め方とは?
2018.8.21(火) JBpress
記事へ戻る
左:森 時彦 氏
チェンジ・マネジメント・コンサルティング代表取締役、工学博士。神戸製鋼所を経てGEに入社し、日本GE役員などの要職を務める。その後、テラダイン日本法人代表取締役、リバーサイド・パートナーズ代表パートナーなどを歴任。現在は、日本M&Aセンターなどの社外取締役などを務めながら、チェンジ・マネジメント・コンサルティング代表取締役として企業の組織活性化やリーダー育成、会議の生産性向上のコンサルタントとして活躍。

右:加藤浩典 氏
バルコ代表取締役社長。ベルギーに本社を構えるバルコは、医療画像、メディア&エンターテイメント、インフラストラクチャー&ユーティリティー、教育&トレーニングなど業務市場向けにソリューションを開発、設計しているグローバル企業。日本では、5年前よりワイヤレスプレゼン機器「ClickShare」を取り扱い、企業の会議をサポートしている。

本日の新着

一覧
台風19号での氾濫対策に「地下神殿」も貢献
東京ドーム約14杯の雨水を2日弱で排水
牧村 あきこ
ロシア航空ショー:中国が存在感示す
ロシア航空産業の協力関係は冷戦期に逆戻り?
渡邊 光太郎
アジアの労働者が日本で働いてくれなくなる日
少子化が急速に進むベトナム
川島 博之
台風を期に公共投資「所得倍増」を!
「伊勢湾台風」型の進路が示唆するもの
伊東 乾