日本の「凡庸な漢籍」ゲットで習近平が大喜びの理由

文化財流出ではなく粋な対中外交だった細川コレクション寄贈
2018.7.9(月) 安田 峰俊
中国
この写真の記事へ戻る
細川家にまつわる文化財を保管する永青文庫(東京都文京区)
寄贈に懸念を示すネットの声。Yahoo!ニュースのコメント欄より
『四部叢刊』の洋装本はなんとAmazonでも売っている。お値段は100冊で9136.08ドル(約100万円)であり、その気になれば個人でも揃えられる値段だ
拡大画像表示
京大人文研が提供する、日本国内の漢籍の所蔵先を調べられるサイト『全国漢籍データベース』で『群書治要』を探した結果。元和・天明・弘化の各版本とも、各地の大学図書館にいっぱい所蔵されている
拡大画像表示
習近平の執務室の本棚に『群書治要』があることを盛んに報道する中国のTVニュース

国際の写真

“中国の貧困”をまさかの暴露、李首相の真意とは?
英国のEU離脱派はいまだに欧州を理解していない
油価低下でロシア・プーチン政権存亡の危機
韓国に現れた超人気ゆるキャラ、ペンスの魅力
「香港の死」が告げる米中ブロック経済時代の到来
「運動は誰のため」、慰安婦支援団体の揺らぐ信認

本日の新着

一覧
“中国の貧困”をまさかの暴露、李首相の真意とは?
全人代で飛び出した「月収1000元が6億人」発言
日本戦略研究フォーラム
新型コロナ「自粛解除の判断基準」の致命的な問題点
いま必要なのは、検査の拡充による正しい現状認識
藤井 雄作