なぜトマト? 話題のバイオサスペンス誕生秘話

生物学、遺伝子工学の知見が盛り込まれた『感染領域』
2018.6.4(月) 鶴岡 弘之
農林水産業
記事へ戻る
ミステリー小説『感染領域』にはトマトが重要なアイテムとして登場する(写真はイメージ)
感染領域』(くろき すがや著、宝島社文庫)
くろきすがや
那藤功一氏(右)と菅谷淳夫氏(左)による創作ユニット。那藤氏がプロット、菅谷氏が小説化を担当(ただし、今後は役割が交代することもあるという)。
那藤氏は1963年3月、青森県むつ市生まれ。東京大学経済学部卒業。広告会社勤務を経て、現在は作家活動に専念。菅谷氏は1965年9月、神奈川県小田原市生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業後、フリーランスでライター業に従事。本サイト、JBPressの寄稿者でもある。

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
「2Q14」以降ロシアとウクライナに何が起きたか
ロシア専門家「小泉悠×真野森作トークイベント」から
新潮社フォーサイト
日本人が香港デモに無関心のままではいけない理由
一線を越えた警察の暴力、香港は戦場になった
福島 香織
タンカーがテロ標的に、警戒に行かないのは日本だけ
独自の警戒部隊派遣を速やかにアラビア海域へ
北村 淳
安倍首相、中国の狡猾さをお忘れか
内政干渉を許さない決意を靖国参拝で示すとき
森 清勇