遺伝子改変技術など最も勢いのある生物学の最前線

HONZ特選本『合成生物学の衝撃』
2018.5.8(火) HONZ
研究開発生物学学術
この写真の記事へ戻る
合成生物学の衝撃
作者:須田 桃子
出版社:文藝春秋
発売日:2018-04-13
本コラムはHONZの提供記事です

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
感染者急増のインドネシア、活動制限令への不満充満
大規模社会制限でも感染者減らず、効果に疑問の声も
大塚 智彦
韓国軍が発見できなくなった北朝鮮の小型無人機
性能向上著しい弾道ミサイルの「目」、日米韓の新たな脅威に
軍事情報戦略研究所朝鮮半島分析チーム
インフレか増税か、コロナ後に富裕層を待ち受ける禍
自粛経済に怒る「ホリエモン」のへの共感と違和感
結城 カオル
ますます先鋭化する米国の中国攻撃、真の狙いとは
矛先は国内の「北京の回し者」バイデン氏にも
高濱 賛