遺伝子改変技術など最も勢いのある生物学の最前線

HONZ特選本『合成生物学の衝撃』
2018.5.8(火) HONZ
研究開発生物学学術
記事へ戻る
合成生物学の衝撃
作者:須田 桃子
出版社:文藝春秋
発売日:2018-04-13
本コラムはHONZの提供記事です

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
マラソンと競歩だけか、札幌移転
世界が指摘する東京開催3つの黄信号
伊東 乾
韓国の若き財閥総帥の「危機経営」
必罰人事、若返り…成長戦略は?
玉置 直司
アマゾン、急拡大戦略が裏目に出たか
米国サイトで消費期限切れ食品が多数報告される
小久保 重信
ラグビーが「上流階級のスポーツ」と見なされる理由
元々は1つの競技だったサッカーとラグビー
Takeo Goto