遺伝子改変技術など最も勢いのある生物学の最前線

HONZ特選本『合成生物学の衝撃』
2018.5.8(火) HONZ
研究開発生物学学術
記事へ戻る
合成生物学の衝撃
作者:須田 桃子
出版社:文藝春秋
発売日:2018-04-13
本コラムはHONZの提供記事です

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法

本日の新着

一覧
女性4人組の激しい攻撃に、ほくそ笑むトランプ氏
批判が激しければ激しいほど選挙戦は有利になるとの皮算用
高濱 賛
「蚊に刺されやすい体質」は実は思い込みだった?
アレルギー研究から見えてきた「虫刺され」をめぐる新たな仮説
光齋 久人
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節
伊東 乾
中国ハイテク覇権の先にあるデジタル監視社会の脅威
先進国における民主主義崩壊のリスクも
松村 五郎