空き家を活用! 町全体でもてなす分散型ホテル

空き家“先進国”イタリアでは100地域以上で
記事へ戻る
東京都台東区の谷中の街並み。
分散型ホテルイメージ図。
「hanare」レセプションは、カフェやギャラリーが入る複合施設「HAGISO」の一角にある。この建物は、もともと東京藝術大学の学生がアトリエなどに利用しており、老朽化で解体される予定だったものをリノベーションしたもの。
空き家をリノベーションした宿泊棟(レセプションから徒歩1分)
アルベルゴディフーゾのイメージ(アルベルゴディフーゾ協会HPより)

地域の写真

函館発、笑うに笑えない日本全国インバウンド音頭
地域再生のカギ「官民連携」はなぜ進まないのか
外と“半開き”、企業内コワーキングスペースの戦略
「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る
地方創生×オープンイノベーションのチカラ
「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る

本日の新着

一覧
MIT襲うエプスタイン疑惑の深い闇
没後性スキャンダルに見舞われるニューラルネットの父
伊東 乾
劇的変化を遂げたウラジオストクは愛と憎しみの町
留学に大失敗した私が、あえて留学を薦める理由
徳山 あすか
「笛吹き男」の復讐、子供の集団失踪事件はなぜ起きた
ハーメルンの笛吹き男の物語が、虚構とはいえないこれだけの理由
阿部 謹也
アマゾンが現金払いを急ピッチで導入する理由
eコマースやレジ不要のコンビニで決済手段を多様化
小久保 重信