空き家を活用! 町全体でもてなす分散型ホテル

空き家“先進国”イタリアでは100地域以上で
この写真の記事へ戻る
東京都台東区の谷中の街並み。
分散型ホテルイメージ図。
「hanare」レセプションは、カフェやギャラリーが入る複合施設「HAGISO」の一角にある。この建物は、もともと東京藝術大学の学生がアトリエなどに利用しており、老朽化で解体される予定だったものをリノベーションしたもの。
空き家をリノベーションした宿泊棟(レセプションから徒歩1分)
アルベルゴディフーゾのイメージ(アルベルゴディフーゾ協会HPより)

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方