炭素繊維使い画期的な身障者用二足歩行スーツ開発

世界が注目する日本の航空部品試作メーカーが医療分野でも大活躍
2018.4.9(月) 柏野 裕美
医療中小企業自動車
記事へ戻る
2000年にウチダ社長の内田敏一さんが有志の従業員と就業時間後にカーボン製ボディを製作し実装したNSX。
スポーツカーの座席に見立てた椅子が並ぶ会議室でカーボンの魅力を語るウチダ社長の内田敏一さん。
国立障害者リハビリテーションセンター研究所で二足歩行装具「C-FREX」を使って歩行のリハビリをする高橋和廣選手。それを後ろから見守るウチダ社長の内田敏一さん(左)と国立障害者リハビリテーションセンター研究所・神経筋機能障害研究室の河島則天室長。

地域の写真

「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る
中国で加速する地域間連携強化の実態
寿命革命!産学官民を巻き込む弘前大学COIの挑戦
コワーキングスペースで「つながり」が生まれる理由
Kumamon donates to Notre Dame Cathedral at the Embassy of France
東日本大震災の8年前から釜石で防災教育を行ってきた理由

本日の新着

一覧
韓国GSOMIA破棄の狙いは醜聞隠しと媚朝・媚中
東アジア「深層取材ノート」(第2回)
近藤 大介
あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
IUT理論を可能な限り噛み砕いて説明する凄まじい本
長江 貴士
耳を疑うGSOMIA破棄、韓国は「向こう側」へ?
米国はなぜ日韓GSOMIAを必要としたのか
数多 久遠
韓国国民の怒りの矛先、日本よりもチョ・グク疑惑へ
文在寅政権揺るがす「最側近」から浮かび上がる疑惑の数々
李 正宣