炭素繊維使い画期的な身障者用二足歩行スーツ開発

世界が注目する日本の航空部品試作メーカーが医療分野でも大活躍
2018.4.9(月) 柏野 裕美
医療中小企業自動車
この写真の記事へ戻る
2000年にウチダ社長の内田敏一さんが有志の従業員と就業時間後にカーボン製ボディを製作し実装したNSX。
スポーツカーの座席に見立てた椅子が並ぶ会議室でカーボンの魅力を語るウチダ社長の内田敏一さん。
国立障害者リハビリテーションセンター研究所で二足歩行装具「C-FREX」を使って歩行のリハビリをする高橋和廣選手。それを後ろから見守るウチダ社長の内田敏一さん(左)と国立障害者リハビリテーションセンター研究所・神経筋機能障害研究室の河島則天室長。

地域の写真

土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊

本日の新着

一覧
アマゾン、今度はレジなしの食品スーパーをオープン
大規模店舗に対応のレジレス決済システムを開発
小久保 重信
いよいよカウントダウンに入った米比同盟の破棄
南シナ海でさらに劣勢になる米国、日本のシーレーンも危機に
北村 淳
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
漏水リスクと水道配管の資産価値を高精度で推定可能に
新潮社フォーサイト
新型コロナ、世界経済に新種の脅威
スタグフレーションの恐れも、1970年代の教訓が生きるか?
The Economist