炭素繊維使い画期的な身障者用二足歩行スーツ開発

世界が注目する日本の航空部品試作メーカーが医療分野でも大活躍
2018.4.9(月) 柏野 裕美
医療中小企業自動車
記事へ戻る
2000年にウチダ社長の内田敏一さんが有志の従業員と就業時間後にカーボン製ボディを製作し実装したNSX。
スポーツカーの座席に見立てた椅子が並ぶ会議室でカーボンの魅力を語るウチダ社長の内田敏一さん。
国立障害者リハビリテーションセンター研究所で二足歩行装具「C-FREX」を使って歩行のリハビリをする高橋和廣選手。それを後ろから見守るウチダ社長の内田敏一さん(左)と国立障害者リハビリテーションセンター研究所・神経筋機能障害研究室の河島則天室長。

地域の写真

「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る
中国で加速する地域間連携強化の実態
寿命革命!産学官民を巻き込む弘前大学COIの挑戦
コワーキングスペースで「つながり」が生まれる理由
Kumamon donates to Notre Dame Cathedral at the Embassy of France
東日本大震災の8年前から釜石で防災教育を行ってきた理由

本日の新着

一覧
アップルが60億ドル超の費用を投じる新市場は有力か
今秋のサービス開始に向け、著名人のオリジナル作品に巨額を投入
小久保 重信
高度だった日本軍の情報収集能力、なぜ負けたのか?
戦前から続く日本の「インテリジェンスの扱い方」の問題点
小谷 賢
アルゼンチン危機、再びデフォルトの恐れも
続かなかった幸運、大統領予備選での野党候補の勝利で相場急落
The Economist
過去の恋人、過去のセックス、男と女はどう記憶する
映画で読み解く社会学:『火口のふたり』(2019年、日本映画)
髙山 亜紀