世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士

中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」
2018.3.19(月) 安田 峰俊
中国生物学
この写真の記事へ戻る
中国の内モンゴル自治区の湖・チャガンノールから出土した竜脚類ヌーロサウルスの化石。フフホト市内の内蒙古博物院にて筆者撮影
小型獣脚類デイノニクスの化石(左)と、鳥類の始祖鳥の骨格模型(右)。区別が難しいほどよく似ている。アメリカ自然史博物館で筆者撮影
2016年12月8日、シン博士らが科学誌『カレント・バイオロジー』に寄稿した琥珀内の恐竜の尾に関する論文 "A Feathered Dinosaur Tail with Primitive Plumage Trapped in Mid-Cretaceous Amber" で紹介された撮影写真。羽毛の様子がくっきりとわかる
恐竜好きの男の子がそのまま30年経った感じのシン博士。ご本人のフェイスブックページより
ラオス南部で出土した竜脚類タンヴァイオサウルスの化石。東南アジアなどの発展途上国では恐竜化石の扱いがぞんざいであることも多い。ラオス、サワンナケート恐竜博物館で筆者撮影

国際の写真

新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
日本超えた韓国の感染者、背景に新興宗教信者の暴挙
米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで
中国、異例の全人代延期で“責任者”探しの泥沼へ
ドイツ次期首相の最大の課題は経済衰退

本日の新着

一覧
新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか?
致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能
数多 久遠
懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う
誰にもある懲戒解雇のリスク、もし我が身に降りかかったら
尾藤 克之
サッカー界に衝撃、英国老舗クラブの罪に厳しい処罰
マンチェスター・シティが違反した「ファイナンシャル・フェアプレー」とは
後藤 健生