世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士

中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」
2018.3.19(月) 安田 峰俊
中国生物学
記事へ戻る
中国の内モンゴル自治区の湖・チャガンノールから出土した竜脚類ヌーロサウルスの化石。フフホト市内の内蒙古博物院にて筆者撮影
小型獣脚類デイノニクスの化石(左)と、鳥類の始祖鳥の骨格模型(右)。区別が難しいほどよく似ている。アメリカ自然史博物館で筆者撮影
2016年12月8日、シン博士らが科学誌『カレント・バイオロジー』に寄稿した琥珀内の恐竜の尾に関する論文 "A Feathered Dinosaur Tail with Primitive Plumage Trapped in Mid-Cretaceous Amber" で紹介された撮影写真。羽毛の様子がくっきりとわかる
恐竜好きの男の子がそのまま30年経った感じのシン博士。ご本人のフェイスブックページより
ラオス南部で出土した竜脚類タンヴァイオサウルスの化石。東南アジアなどの発展途上国では恐竜化石の扱いがぞんざいであることも多い。ラオス、サワンナケート恐竜博物館で筆者撮影

国際の写真

尖閣諸島有事の際、「米国が助けてくれる」という幻想
日韓対立激化も米国では「大したことない」の見方
タイとラオス住民が猛反発、メコン川上流の中国ダム
減益に転じる米国株式会社
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」

本日の新着

一覧
「蚊に刺されやすい体質」は実は思い込みだった?
アレルギー研究から見えてきた「虫刺され」をめぐる新たな仮説
光齋 久人
日韓対立激化も米国では「大したことない」の見方
「両国の関係は相変わらず健全」と唱える論文の真意とは
古森 義久
タイとラオス住民が猛反発、メコン川上流の中国ダム
上流の開発進めたい中国と環境保全訴える下流域住民が紙上論戦
大塚 智彦
「ボクは・・・」で論点逸らす闇営業会見の悍ましさ
「ボク」「キミ」が使われるようになった歴史と浪花節
伊東 乾