中国がドリアン爆買い、マレーシア属国化への序章

フルーツだけでなく農園まで、しかも農薬漬けに
記事へ戻る
マレーシアでドリアンを食するには、ドリアン露天の食べ歩きが通。ジャングルの完熟が味わえなくても、ムサンキング(猫山王)が満喫できる。ドリアンの王様、ムサンキングは中国人の爆買いで高騰。「高くなって庶民には手が届かなくなってきている」と嘆くドリアン露天商のテーさんと孫のウイリアムくん(クアラルンプールのドリアン露天、筆者撮影)
ドリアンのプレミアム最高品種の「ムサンキング」。香りも強烈だが、イガイガのトゲの殻をパックリ割ると、この通り、光沢のある美しい黄色の高級チーズのようなクリーミーな果実がお目見えする(筆者撮影)

国際の写真

「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
中国の親はなぜ恐ろしいほど教育熱心なのか
世界経済の脅威となったフーシ派のドローン攻撃
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた

本日の新着

一覧
次の50年、宇宙探査の新時代が始まる
宇宙の繁栄には法の支配と軍備管理システムが不可欠
The Economist
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない
武藤 正敏
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
戦前のエリート集団「長州閥」の栄光と衰退(1)
花園 祐
世界中を震撼させた京アニ・ガソリン放火無差別殺人
銃や爆弾、トラックなどより超低コストの凶器に規制不可欠
伊東 乾