マレーシアで猛威を振るう南洋チャイニーズ秘密結社

清朝以来の暗黒組織と地元中高生のビーバップ物語
2017.10.9(月) 安田 峰俊
中国
記事へ戻る
マレーシアの首都・クアラルンプールのチャイナタウン。中国のようで中国ではない、不思議な空間だ
マレーシアの位置。マレー半島は歴史的にインド洋と太平洋をつなぐ交易拠点で、戦前はイギリスの海峡植民地を構成していた。イギリスはアヘン戦争以来、中国南部との結びつきが強く、このことも華僑が多く移住した一因だ(Googleマップ)
今年2月、マレーシア警察に逮捕された華僑の秘密結社「24党」のメンバーの腕。どう見てもカタギではない。現地報道より
今年4月、マレーシア西海岸のセランゴール州クランにある中学校の校門前でオラつく、別の秘密結社「24党」構成員の不良少年たち。後で53人が逮捕された。現地華字紙『オリエンタル・デイリー』がYoutubeに投稿した動画から
今年4月、ペナン島で摘発された秘密結社「04党」のメンバー。この組織はインド系のメンバーが多かった。華僑以外に、マレー半島ではインドマフィアの秘密結社も多数ある模様だ。現地報道より

国際の写真

中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
中国の親はなぜ恐ろしいほど教育熱心なのか
世界経済の脅威となったフーシ派のドローン攻撃
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン

本日の新着

一覧
子供への指導法:自らの成功体験は間違っていないか
「成功体験」の勘違いで自分の子供の命を奪った「親心」(2)
伊東 乾
最上級ラグジュアリーツアーが持つ大きな可能性
HONZ特選本『グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル』
HONZ
中国製ミサイル、「見掛け倒し」の評価は本当か?
海洋進出を加速する中国、日本はどう防衛するのか(前編)
北村 淳
参院選は与党圧勝 、日本の野党はなぜこんなに弱い
いつまで経っても日本に二大政党制が根付かない3つの理由
朝比奈 一郎