中国発ベンチャーが「技術力」で世界に進出し始めた

最前線レポート~中国ベンチャー市場の全貌(第5回)
記事へ戻る
ROYOLE社は、2012年創業でありながら、保有特許700、グローバル従業員700人、企業価値30億ドル(約3300億円)に急成長したテクノロジー企業。深センではこうした技術系ベンチャーを筆頭に、毎月2万5000社の企業が誕生しているという(写真は同社の開発した世界初0.01mm超薄型フレキシブルディスプレイ)
中国ベンチャー市場を読み解く6つのキーワード
(出所: Legend Capitalとの討議よりDI作成)
中国ベンチャー市場の創業アイテム(全体像)(赤字は記事内で言及)
(出所: Legend Capital提供資料を基にDIリバイズ)
ウェブサイトのリンクを整理しただけのHao123。各キーワードからの広告費は月3億円に上る
拡大画像表示
短大以上の修了者率 上位3省 vs. 下位3省(2012年)
(出所:中国政府統計)
中国ゲーム市場規模の内訳(2016年)
(出所:中国游戏产业报告(CNG中新游戏研究))
世界の国別ゲーム市場規模(2016年)
(出所: The Global Games Market 2016(newzoo))
中国における病院の順番待ちの様子
AR Drone 1.0(上、2010年にリリース)とPhantom 4(2016年にリリース)
スイングデータをセンサーで収集し、スマホ上での確認・比較・改善を可能とする

国際の写真

放置は禁物、韓国政府代表が米国の新聞で日本を攻撃
インドネシア、汚職捜査機関が「骨抜き」の危機に
ドイツとユーロと具合の悪い真実
贈収賄が大手を振って歩き始めたロシアの秋
韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合
ブレグジット狂騒曲を見守る欧州諸国

本日の新着

一覧
韓国の反日、行きつく先は哀れ、北による併合
核保有の朝鮮半島統一に備え日本は安全保障政策の見直しを
森 清勇
放置は禁物、韓国政府代表が米国の新聞で日本を攻撃
事実を無視して捻じ曲げる韓国外務省報道官
古森 義久
ドイツとユーロと具合の悪い真実
欧州統合の最大の受益国、有権者に対価を説明しなかった原罪
Financial Times
インドネシア、汚職捜査機関が「骨抜き」の危機に
権力者たちの巻き返しで「汚職大国」に逆戻りの可能性も
大塚 智彦