実験失敗と報じられた「こうのとり」6号機の真実

宇宙ステーションへの物資輸送、100%成功してるのは日本だけ
2017.2.20(月) 林 公代
宇宙・物理
この写真の記事へ戻る
国際宇宙ステーションにドッキングしている「こうのとり」6号機。おなかの部分にバッテリーを搭載。(JAXA/NASA
2016年12月9日、「こうのとり」6号機はH-ⅡBロケットで種子島宇宙センターから打ち上げられた。(JAXA
2016年12月13日、ISSのロボットアームでキャプチャされた「こうのとり」6号機(JAXA/NASA
「こうのとり」が届けた玉ねぎを使って作られた「スペースハンバーガー」(JAXA/ESA/NASA
「KITE」実験のイメージ図(JAXA)。導電性テザーを700m伸展させ、電子源から電子を放出して電流を流し、発生電流を制御できるかを実証する計画だった。(JAXA
「こうのとり」の頭脳、運用管制チームも世代交代の課題を抱え、2名の新人フライトディレクタが任務をこなした。2016年2月6日、HTV運用管制室で。(JAXA

科学の写真

海外メディアが絶賛の「日本モデル」成功の鍵は何か
米騒然、パンデミックは中国でなくトランプのせい
人を司る、形なきものの影
自衛隊に「宇宙作戦隊」新設、その理由と狙い
ロシアとコロナ、政府発表よりはるかに深刻な被害
このままでは本当にまずい!真剣に危惧した医療崩壊

本日の新着

一覧
新型コロナ犠牲者より大切な兵器製造
全米で死者が10万人を超えても「F35」を生産し続ける理由
堀田 佳男
突然のクビ宣告、そのときあなたはどう行動すべきか
頼るべきは労基署? 労働委員会? 労組? それとも・・・
尾藤 克之
都合よく歴史を忘れる韓国のプロパガンダ恋愛ドラマ
「愛の不時着」の歴史修正主義 (後編)
岩田 太郎
海外メディアが絶賛の「日本モデル」成功の鍵は何か
「ファクターX」の解明は日本の使命
池田 信夫