手に汗握る世界が広がっていた社会学の最前線現場

HONZ特選本『質的社会調査の方法』
2017.1.24(火) HONZ
記事へ戻る
すっきりとした答えが出ないという質的調査の特徴は、その「方法」にも当てはまる(写真はイメージ)
質的社会調査の方法 -- 他者の合理性の理解社会学
(有斐閣ストゥディア)
作者:岸 政彦
出版社:有斐閣
発売日:2016-12-19
本コラムはHONZの提供記事です

政治経済の写真

間違いだらけの「MMT批判」を批判する
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
タンカー護衛の有志連合、日本は加わるべきか?
イランだけでない中東の火薬庫、危険なトルコ情勢
「仕事を奪うのはAI」の“常識”を疑ってみる

本日の新着

一覧
次の50年、宇宙探査の新時代が始まる
宇宙の繁栄には法の支配と軍備管理システムが不可欠
The Economist
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない
武藤 正敏
世界中を震撼させた京アニ・ガソリン放火無差別殺人
銃や爆弾、トラックなどより超低コストの凶器に規制不可欠
伊東 乾
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
戦前のエリート集団「長州閥」の栄光と衰退(1)
花園 祐