手に汗握る世界が広がっていた社会学の最前線現場

HONZ特選本『質的社会調査の方法』
2017.1.24(火) HONZ
記事へ戻る
すっきりとした答えが出ないという質的調査の特徴は、その「方法」にも当てはまる(写真はイメージ)
質的社会調査の方法 -- 他者の合理性の理解社会学
(有斐閣ストゥディア)
作者:岸 政彦
出版社:有斐閣
発売日:2016-12-19
本コラムはHONZの提供記事です

政治経済の写真

経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
緩和ケアは「死に支度」でなく「生きるための医療」
高齢者ほど左寄り?政治スタンスが世代で異なるワケ
マイナス金利は「国債バブル」か資本主義の終わりか
嘘つき大国への道をひた走る韓国、信用ガタ落ち
葛藤を乗り越えて「はやぶさ2」2度目の着陸へ

本日の新着

一覧
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
中国で加速するウイグル弾圧、「監獄社会」の異様な全貌(中編)
福島 香織
緩和ケアは「死に支度」でなく「生きるための医療」
対話で「生きる力」の再構築を試みる西智弘医師に聞く
坂元 希美
日米安保破棄:中国、ロシアとの同盟はあり得るか
すべての条件を徹底検証、日本にとって最も良い選択肢とは
横山 恭三
ジョンソンと「ケーキ主義」とブリッツ精神
EU離脱に向かう英国、第2次大戦中のような国民の結束は遠い夢
Financial Times