手に汗握る世界が広がっていた社会学の最前線現場

HONZ特選本『質的社会調査の方法』
2017.1.24(火) HONZ
記事へ戻る
すっきりとした答えが出ないという質的調査の特徴は、その「方法」にも当てはまる(写真はイメージ)
質的社会調査の方法 -- 他者の合理性の理解社会学
(有斐閣ストゥディア)
作者:岸 政彦
出版社:有斐閣
発売日:2016-12-19
本コラムはHONZの提供記事です

政治経済の写真

日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
タンカー護衛の有志連合、日本は加わるべきか?
イランだけでない中東の火薬庫、危険なトルコ情勢
「仕事を奪うのはAI」の“常識”を疑ってみる
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理

本日の新着

一覧
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
日韓ともに決定的に欠く相手の立場から思考する習慣
舛添 要一
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
井端弘和氏に聞く、セ界一強を止めるチームとは?
黒田 俊
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第26回)
玉木 俊明