正体に近づいた? 宇宙の長年の謎、ダークマター

未知の物質は「超対称性粒子」という仮説
2016.12.28(水) 小谷 太郎
宇宙・物理学術
この写真の記事へ戻る
STS-134ミッションで、国際宇宙ステーションに取り付けられた宇宙線観測装置「AMS」(2011年7月撮影)。(写真:NASA
STS-134ミッションにおける、スペースシャトル・エンデバー号の打ち上げ(2011年5月撮影)。(写真:NASA
ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた巨大銀河団「Abell 1689」。ダークマターによると思われる重力により、光がゆがんで届く。(画像:NASA
AMSによって捉えられた陽電子のデータ。(出典:AMS Collaboration
拡大画像表示

科学の写真

プラスチックごみのリサイクルは資源の無駄だ
都知事選をピークに増減する感染者数の怪
新型コロナが「はやりかぜ」になる日は近いのか
中南米の経済的な悲劇
コロナワクチンを無力化する「反ワクチン」の地下茎
火星の深部を暴け!つくばの鉄床と探査機インサイト

本日の新着

一覧
自衛隊特殊部隊、現場の隊員が心から思っていること
『邦人奪還』著者、伊藤祐靖氏が語る自衛隊と国防のリアル
鶴岡 弘之
なぜ韓国は日本離れしつつあるのか
北朝鮮以上に日本に敵がい心を抱く韓国人
平井 敏晴