正体に近づいた? 宇宙の長年の謎、ダークマター

未知の物質は「超対称性粒子」という仮説
2016.12.28(水) 小谷 太郎
宇宙・物理学術
記事へ戻る
STS-134ミッションで、国際宇宙ステーションに取り付けられた宇宙線観測装置「AMS」(2011年7月撮影)。(写真:NASA
STS-134ミッションにおける、スペースシャトル・エンデバー号の打ち上げ(2011年5月撮影)。(写真:NASA
ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた巨大銀河団「Abell 1689」。ダークマターによると思われる重力により、光がゆがんで届く。(画像:NASA
AMSによって捉えられた陽電子のデータ。(出典:AMS Collaboration
拡大画像表示

科学の写真

ついに50%超え、80歳で20本の歯を保つ方法とは
制約だらけ汚染だらけ、DNA鑑定の知られざる真実
「温暖化対策」100兆円をドブに、日本はバカなのか?
宇宙×防災、3.11の教訓から生まれた防災ゼリー
何かと記録破りの巨大IPOからのメッセージ
「煮物は冷めるときに味がしみる」のはなぜか

本日の新着

一覧
教育政策で失策続き、文科省には解体的改革が必要だ
筆記体も学ばせずに、なにが「民間英語試験」の導入だ
舛添 要一
密輸も横行!英国を強国化させた「紅茶への情熱」
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第34回)
玉木 俊明
文在寅はいつまで金正恩の顔色を窺うのか
北朝鮮の「人権問題」からどれだけ目をそらせば気が済むのか
李 正宣
韓国はなぜGSOMIA破棄を覆したのか
弾劾で弱ったトランプ大統領の足元を見たつもりが・・・
高濱 賛