欧米流を学んだロシア人が日本企業に殺到する時

日露経済交流とロシアのビジネススクールの役割
2016.10.27(木) 菅原 信夫
記事へ戻る
モスクワ大学の新築なった法学部新校舎。ビジネススクールB副校長とS教授と筆者。現在のモスクワ大学は、モスクワ大学HDとも呼べる組織で、建物の敷地をHDから借り受け、学部予算で校舎を建てる。食堂も学部ごとにメニュー、規模が異なり、法学部の評判はいい。
図表1 1.モスクワ大学ビジネススクール 2.サンクトペテルブルク国際マネージメントスクール 3.国立高等経済大学ビジネススクールがトップ3
ビジネススクールには何ら意味を見出さない起業家たちには、モスクワ市の第3セクターが運営するインキュベーションハウス「ワークステーション」という施設が用意されている。メンバーになると、共同オフィスが1日数百円という使用料で24時間利用できるし、セミナーは常時開かれている。
子供連れの利用者は、子供を写真のプレイルームで遊ばせながら、 安心して仕事をすることができる。

国際の写真

日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
中国の親はなぜ恐ろしいほど教育熱心なのか
世界経済の脅威となったフーシ派のドローン攻撃
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた
「親中」に逆風が吹き始めた台湾総統選

本日の新着

一覧
間違いだらけの「MMT批判」を批判する
MMTは「聞き心地の良い主張」でも「願望」でもなく「現実」だ
藤井 聡