産業を指導する「官僚たちの夏」は二度と来ない

よみがえる「ターゲティング政策」の亡霊
2016.5.27(金) 池田 信夫
記事へ戻る
東京・霞が関の経済産業省。通産省時代のターゲティング政策は失敗の連続だった(出所:Wikimedia Commons)
2009年にTBSがドラマ化した「官僚たちの夏」
拡大画像表示

政治経済の写真

ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
誰がトランプの米国を信用できるのか?
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
原発、自動車、米国で多額の賠償金背負う日本
民主主義は今、危機に瀕している
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を

本日の新着

一覧
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
「お祭り」ではなくノーベル賞から建設的な基礎科学を!
伊東 乾
ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
ウクライナゲート疑惑巡り米議会は「公開」聴聞会へ
高濱 賛
誰がトランプの米国を信用できるのか?
クルド人に対する裏切りの代償、地政学への影響は甚大
The Economist
スバルも飲み込み身動きが取れなくなっていくトヨタ
EV時代にすべてを丸抱えしてどうするのか
加谷 珪一