サラリーマンなんて無理?自由自在に生きるには

新たな世界に飛び出すための3冊
記事へ戻る
『僕たちは島で、未来を見ることにした』(阿部裕志・信岡良亮、木楽舎、1944円、税込)
『わたし、型屋の社長になります』(上野渉、小学館、690円、税別)
『自由をつくる 自在に生きる』(森博嗣、集英社、700円、税別)

ライフ・教養の写真

あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
Buddhism meets beatboxing: Attracting young people to Komyoji Temple
「下痢」を起こす東京の下水道
幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味
昭和31年、家庭のオムライスに入っていたご飯は?
Takanawa Natsu Matsuri 2019