グーグルの大きすぎる存在感が心配な自動運転開発

自動運転が「一過性のブーム」で終わる危険性も
2016.2.18(木) 桃田 健史
この写真の記事へ戻る
カリフォルニア州マウンテンビュー市の郊外にある、Googleの自動運転開発拠点(筆者撮影、以下同)
カリフォルニア州のフリーウエイ880号線で、自動車線変更のデモンストレーション走行するテスラ「モデルS」の車内
拡大画像表示
東京のお台場周辺で、自動運転のデモンストレーションする、日産「リーフ」。運転席には日産自動車の技術担当者
拡大画像表示

産業の写真

新型ウイルス、米テック大手が悪質行為への対策強化
創業から続く「社会貢献」の意思、ブリヂストンの今
アマゾン、今度はレジなしの食品スーパーをオープン
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
ビッグテックの驚異的な暴騰
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで

本日の新着

一覧
中国と縁切る好機到来、米国が新型肺炎を最大活用
危機感募らせる習近平氏、早くも経済優先に舵切る
堀田 佳男
創業から続く「社会貢献」の意思、ブリヂストンの今
津谷CEOが伝える、石橋正二郎のDNAに基づいた事業
有井 太郎
人生100年時代を生き抜く家計術、方法は3つだけ
「リスクをとらないリスク」から抜け出す
横山 光昭
中国とのビジネスが日本人の命より重要なのか?
「新型肺炎」に対する習政権と安倍政権
日本戦略研究フォーラム