グーグルの大きすぎる存在感が心配な自動運転開発

自動運転が「一過性のブーム」で終わる危険性も
2016.2.18(木) 桃田 健史
記事へ戻る
カリフォルニア州マウンテンビュー市の郊外にある、Googleの自動運転開発拠点(筆者撮影、以下同)
カリフォルニア州のフリーウエイ880号線で、自動車線変更のデモンストレーション走行するテスラ「モデルS」の車内
拡大画像表示
東京のお台場周辺で、自動運転のデモンストレーションする、日産「リーフ」。運転席には日産自動車の技術担当者
拡大画像表示

産業の写真

世界に大きな波紋を広げる日本マネー
JVCケンウッドが社外との共創で成果を出せた理由
贈収賄が大手を振って歩き始めたロシアの秋
エネルギー政策の必然だった「千葉同心円被災」
日産激震、ゴーン氏が特別背任なら西川氏も特別背任
退任、ゾゾ前澤友作が去り際に見せた「野生児の勘」

本日の新着

一覧
香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由
香港の「時代革命」は世界の転換点になるか?
福島 香織
「仕事第一主義」が夫婦の崩壊と男性の孤立を招く
幸せになるために結婚したはずなのに、待ち受けているのは絶望!?
奥田 祥子
ロンブー淳の大学院「入院」は「入学」ではない
学歴ロンダリングの「ディプロマミル」化を許すな!
伊東 乾
韓国球団「日本キャンプ続々中止」の裏に文政権の影
漏れ伝わってくる「文政権による圧力で中止判断」との声
臼北 信行