ボーイング787より進んだロシアのカーボン製主翼

西側専門家を驚愕させた新型旅客機「MS-21」の技術的優位性
2016.2.17(水) 渡邊 光太郎
記事へ戻る
「MS-21」の完成予想図。最も売れているサイズの旅客機であるボーイング737やエアバスA320と同じクラスの旅客機であり、主翼や尾翼にカーボンを使用した意欲作である(イルクート社提供)
アエロコンポジットウリヤノフスク社で完成した新型旅客機MS-21のカーボン製主翼。
製造が進むMS-21。2016年末までの初飛行を目指し、初号機の製造が進んでいる(イルクート社提供)
MS-21の主翼製造を担当するアエロコンポジットウリヤノフスク社の製造ライン。自動で炭素繊維の束を積層している場面。積層装置はスペインのMTorres社製。最新の設備の並ぶ自動化ラインは世界的に見ても立派なものであり、最新の製法で製造しているアエロコンポジットウリヤノフスク社の現場を見た航空関係者は一様に深い感銘を受ける(イルクート社提供)
完成したMS-21カーボン主翼の外板。塗装前の状態で、黒いカーボンで出来ていることがよく分かる写真である。主要材料である炭素繊維は輸入である(イルクート社提供)

国際の写真

散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
「IS兵士大量脱走」でインドネシアが厳戒態勢に
米国の後退はトランプ大統領以降も続く
災害に負けない日本とラグビー快進撃
モードを識る|時代が求めるクリエイティビティ
南北戦が失敗、韓国サッカー界で「反文在寅」が沸騰

本日の新着

一覧
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず
李 正宣
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
「創作」とは何かを問う『電気じかけのクジラは歌う』
長江 貴士
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
インフラ、避難ルート、イベント開催、全てを根本から見直すべき
舛添 要一
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第32回)
玉木 俊明