ゲスな女には不倫のロマンスがありあまる?

この3冊を読んでいたら、あの騒動は防げたかもしれない
記事へ戻る
『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』(坂爪真吾、光文社、820円、税別)
『ゲスな女が、愛される。 あっという間に思い通りの恋愛ができる!』(心屋仁之助、廣済堂出版、1200円、税別)
『ヤバいLINE 日本字が知らない不都合な真実』(慎武宏・河鐘基、780円、税別)

ライフ・教養の写真

上原浩治「正座をして見た」工藤公康さんのピッチング
企業とスポーツとの協働が注目される理由
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権