花火、プリウス、水商売、渾身の仕事が胸を打つ

一途な職人の生き様を描いた3つの物語
記事へ戻る
『空に牡丹』(大島 真寿美、小学館、1500円、税別)
『ハイブリッド』(木野 龍逸、文藝春秋、750円、税別)
『都立水商!』(室積 光、小学館、600円、税別)

ライフ・教養の写真

上原浩治「正座をして見た」工藤公康さんのピッチング
企業とスポーツとの協働が注目される理由
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権