ミャンマーの日本に学ぶ国づくり:会社法を整備せよ

優れた会社法は経済を健全に発展させる(連載第16回)
2015.11.19(木) 玉懸 光枝
記事へ戻る
日本の法務省で実施された研修では、ミャンマーの新しい会社法案の条文を見ながら、具体的に起こり得る事例と合っているか議論・検討作業が行われた
「会社法は企業活動のブレーキとアクセル」だと話す東京大学の神作裕之教授
首都ネピドーで開かれた知的財産法に関するセミナーの様子(=プロジェクト提供)

国際の写真

ジュリアーニの手榴弾で万事休すか
誰がトランプの米国を信用できるのか?
原発「爆発」から考えるリチウムイオン2次電池
原発、自動車、米国で多額の賠償金背負う日本
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
「IS兵士大量脱走」でインドネシアが厳戒態勢に