岩手と世界をつないだビールの物語

閉塞感が漂う今こそ読むべき企業家スピリッツあふれる3冊
記事へ戻る
『謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦』(須田将啓・田中禎人著、ミシマ社、1600円、税別)
『計画と無計画のあいだ』(三島邦弘著、河出書房新社、1620円、税込)
『つなぐビール』(嶌田 洋一著、ポプラ社、1512円、税込)

ライフ・教養の写真

Visiting Q plaza Ikebukuro
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
東大で行われているセンターオブイノベーション
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
ゴーヤーの苦味生合成経路、「金平糖解析」で解明へ