ブームに動じないご当地グルメの王道を発見!

ご当地グルメは地域を救うか(その1)~静岡・黒はんぺん
2015.9.14(月) 力竹 尚子
この写真の記事へ戻る
静岡で、はんぺんといえば「黒はんぺん」。写真のようにあぶって生姜醤油で食べても美味しい。
山本健太氏。國學院大學 経済学部 准教授。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。専門は、経済地理学、都市地理学。研 究テーマは都市型文化産業の集積構造に関する研究。特にアニメ産業、プラモデル産業などのカルチャー産業の産業集積の研究を行っている地理学の専門家。
黒はんぺん(写真提供:山本健太氏、以下同)
小川港に水揚げされたサバを港で開いたもの。黒はんぺんの原料に。
水産ねり製品生産量の推移(農林水産省発表。2006年以降の各品目の数字は食品需給研究センター調べのデータをもとに作成)。1975年(昭和50)年には約100万トンあった生産量は徐々に減少し、2014年の生産量は約53万トンとほぼ半減している。
黒はんぺん製造の様子
黒はんぺんが並ぶスーパーの陳列ケース

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方

本日の新着

一覧
「コロナは米国のバイオ兵器」と情報操作するロシア
眉唾の怪情報の出所はこんなところにも・・・
山田 敏弘
船内サービスで蔓延した「ウイルスのデリバリー」
検疫停泊中に広がった病原体、悪化した症状
伊東 乾
感染者「爆増」の韓国、文政権の楽観論が招いた悲劇
「集団行動の中止は不要」と甘い判断を下した政府の罪
崔 碩栄
新型肺炎禍を利用、韓国侵攻を準備する北朝鮮
その兆候をあえて無視、反日姿勢を強める文在寅政権
森 清勇