神楽に学べ!変化を受容してこそ伝統は受け継がれる

「神楽舞」は、なぜ地域の資源なのか(その3)
2015.8.17(月) 力竹 尚子
記事へ戻る
広島県廿日市市の伊勢神社に奉納される神楽「大蛇」の一場面。(写真提供:山本健太氏、以下同)
広島県廿日市市の原集落の伊勢神社にて神楽殿設営中の様子
完成した伊勢神社の神楽殿で奉納される「原神楽」
同じく伊勢神社の原神楽では花火による演出も
山本健太氏。國學院大學 経済学部 准教授博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。専門は、経済地理学、都市地理学。研究テーマは都市型文化産業の集積構造に関する研究。特にアニメ産業、プラモデル産業などのカルチャー産業の産業集積の研究を行っている地理学の専門家。

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由

本日の新着

一覧
村田諒太の次戦、「カネロ」も「GGG」も困難か
スーパースターとの対決への期待高まるも実現への道は険しい
臼北 信行
イランだけでない中東の火薬庫、危険なトルコ情勢
楽観論が支配する予測を妨げる3つの不透明要因
榎本 裕洋
アップル、サービス事業強化に本気の取り組み
今度は長年変化がなかったポッドキャストに注目、テコ入れへ
小久保 重信
英国と米国、「特別にこじれた関係」
米大統領に大使を追い出された屈辱、グローバル・ブリテンに暗雲
The Economist