秘められた神の舞、今や地域の目玉に

「神楽舞」は、なぜ地域の資源なのか(その1)
2015.6.30(火) 堀川 晃菜
この写真の記事へ戻る
神楽舞の様子(写真はイメージです)
山本健太氏。國學院大學 経済学部 准教授博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。専門は、経済地理学、都市地理学。研究テーマは都市型文化産業の集積構造に関する研究。特にアニメ産業、プラモデル産業などのカルチャー産業の産業集積の研究を行っている地理学の専門家。
天岩戸神社の神楽殿(提供:國學院大學)※天岩戸神社の神楽殿では、観光用の神楽は行われてはおらず、例祭を行う際に使われている。
神楽宿となった民家(画像提供:山本健太氏)

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方

本日の新着

一覧
斬られた前会長の反撃、積水H地面師事件の第二幕
前会長の株主提案は今も謎残る五反田事件の真相究明につながるか
大西 康之
ゴミ処理誤りウィルス拡散? 強権体制が招いた大失態
中国共産党政権の幕引きか、日本も対岸の火事にあらず
伊東 乾
クラウドサービス市場で後塵を拝すグーグル
人員削減の狙いは大企業向けサービスの強化か
小久保 重信
新型肺炎で日本製造業の脱・中国依存は一気に進むか
撤退したくても撤退できない企業にとって“決断の時”
姫田 小夏