ミャンマー鉄道の安全を50年守ってきた日本の技術

第10回 鉄道の心臓部
2015.8.26(水) 玉懸 光枝
記事へ戻る
リレー装置を確認する電気技術開発の近藤寿彦さん(筆者撮影、以下同)
木枠を使って車掌に通行許可証を渡す駅員
受け渡し用の木枠は、普段は駅舎の前に掛けられている
タウングー駅の信号司令室で専用電話を使い列車の位置を確認する駅員
電力状況について駅員に聞き取りを行う日本コンサルタンツの和木浩さん(左)
50年以上前に戦後賠償によって供与された連動装置の銘盤
タウングー駅のホーム中ほどに建つシグナルタワー
タウングー市の入り口にそびえる門
昔使われていた機関車が飾られていた
ピュー駅のホームで親子連れが列車を待っていた

国際の写真

欧米諸国と中国、瓦解の始まり
一流国目指す日本の「桜を見る会」
中国脱出、中韓企業がベトナム投資を加速させるワケ
文在寅、北の亡命希望者を「強制送還」で地獄送りに
香港問題よりもアリババ大セールが気になる日本企業
ウクライナかすむトランプの下半身

本日の新着

一覧
中国脱出、中韓企業がベトナム投資を加速させるワケ
決断が遅く、大きく後れをとる日本企業
川島 博之
どの国でも働ける!ウーバーイーツの本当の“衝撃”
ギグエコノミーの発達は労働者にとってどんな意味があるのか
加谷 珪一
一流国目指す日本の「桜を見る会」
政治家が私物化するようになった会など無用の長物
伊東 乾
欧米諸国と中国、瓦解の始まり
「中国は自由主義化を進めない」、西側で深まる確信
The Economist