ミャンマー鉄道の安全を50年守ってきた日本の技術

第10回 鉄道の心臓部
2015.8.26(水) 玉懸 光枝
この写真の記事へ戻る
リレー装置を確認する電気技術開発の近藤寿彦さん(筆者撮影、以下同)
木枠を使って車掌に通行許可証を渡す駅員
受け渡し用の木枠は、普段は駅舎の前に掛けられている
タウングー駅の信号司令室で専用電話を使い列車の位置を確認する駅員
電力状況について駅員に聞き取りを行う日本コンサルタンツの和木浩さん(左)
50年以上前に戦後賠償によって供与された連動装置の銘盤
タウングー駅のホーム中ほどに建つシグナルタワー
タウングー市の入り口にそびえる門
昔使われていた機関車が飾られていた
ピュー駅のホームで親子連れが列車を待っていた

国際の写真

東シナ海・南シナ海で跳梁する中国の無人潜水艇
「ゼロから作る知識集約都市」10年目の“想定外”
ジョー・バイデン、復古か急進か?
支持率急回復のメルケル、高き危機管理能力の原点
明朝とガチンコ対決した「満州から来た男」
漂う陰謀の匂い、フィリピン警官が軍兵士4人を射殺

本日の新着

一覧
明朝とガチンコ対決した「満州から来た男」
ラストキングダム・清が中華を統一するまで(1)
花園 祐
「ゼロから作る知識集約都市」10年目の“想定外”
中国広州市で開発中「知識城」のユニークな試みとは
加藤 勇樹
ジョー・バイデン、復古か急進か?
米大統領選、本能能的な慎重さが真の改革を可能にするワケ
The Economist
東シナ海・南シナ海で跳梁する中国の無人潜水艇
中国無人潜水艇による新たな戦法と脅威
軍事情報戦略研究所朝鮮半島分析チーム