限界集落のリアルを知っているか?

限界集落とは?地方創生を語る前に読むべき3冊
記事へ戻る
『限界集落株式会社』(黒野伸一著、小学館文庫、714円、税別)
『だから、ぼくは農家をスターにする』(高橋博之著、CCCメディアハウス、1500円、税別)
『アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語』(文・古田靖、絵・寄藤文平、アスペクト、1000円、税別)

ライフ・教養の写真

あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
Buddhism meets beatboxing: Attracting young people to Komyoji Temple
「下痢」を起こす東京の下水道
幕末の武士が灼熱のパナマで知った氷入り葡萄酒の味
昭和31年、家庭のオムライスに入っていたご飯は?
Takanawa Natsu Matsuri 2019

本日の新着

一覧
韓国GSOMIA破棄の狙いは醜聞隠しと媚朝・媚中
東アジア「深層取材ノート」(第2回)
近藤 大介
世界的猛暑で懸念される巨額経済損失と食糧不足
2020東京五輪の「暑さ対策」も焼け石に水ではないのか
舛添 要一
あなたは「斬新すぎる価値観」を受け入れられるか?
IUT理論を可能な限り噛み砕いて説明する凄まじい本
長江 貴士
韓国国民の怒りの矛先、日本よりもチョ・グク疑惑へ
文在寅政権揺るがす「最側近」から浮かび上がる疑惑の数々
李 正宣